【住友林業の注文住宅】防犯・防災対策にシャッターは必要?シャッターなしにした理由

注文住宅 シャッター 設計

このページを見ていると言うことは、注文住宅の設計段階で、シャッターをつけるかつけないかで、悩んでいるのではないでしょうか。

これはほんっっとうに難しい選択です。

今回、我が家の妻がこだわった防犯面、夫がこだわった外観面から紹介します。

スポンサーリンク

注文住宅にシャッターをつける意味はある?

多くの方が、注文住宅の設計時に窓のシャッターのことで悩むのではないでしょうか。

  • 大きな窓をつけたけど、シャッターをつけるべきか
  • シャッターをつけるなら電動か手動か
  • 2階にも全ての窓にシャッターをつけるべきなのか

我が家では、そもそもシャッターをつけるかどうかで話し合いました。
妻は防犯面からシャッターをつけたいけど、夫は外観的にシャッターは不要。

意見は真っ二つです!

では、そもそもシャッターはなんのためにつけるのでしょうか。

注文住宅にシャッターをつける理由とは

  • 防犯
  • 防災(台風など、雨や風を防ぐ)
  • 防火
  • 防音

などの理由で、シャッターをつけることが多いようです。

そんな中でも、妻がシャッターをつけたい理由は以下の2点です。

防犯面

つけた方が、窓を破られること可能性が低いのではないか… ?

という考えでした。

何よりも、一人でいるときに外でゴソゴソしていたら怖いな。というところもあります。

防災面

台風の時など、何か大きな物が飛んできた時に防げるはず!

あとは、雷の音の軽減だけでなく、光もみなくて良いのが安心感あるな〜という感じです。

実際のところシャッターでどれだけ防げるの?

きっと色々防いでくれるからシャッターつけておきたい!というのも、もちろん大事です。

しかし、果たしてその想像はどれくらい本当なのでしょうか?

 妻が気にしていた点で例をあげると…。

シャッターの防犯能力

一見、シャッターは防犯面で役立ちそうに感じます。

実際にシャッターを閉めている状態であれば、まずはシャッターをこじ開けることが必要なわけですから、防犯面でも役立つと言えます。

しかし、シャッターは外から意外と簡単に外すことができるそうです。

また、シャッターを閉めていることで「長時間の留守」であることを知らせてしまう可能性があり、防犯面が完璧というわけではありません。

シャッターの防災能力

雨風であれば、当然シャッターがあることで窓に直接当たりませんから、防げていると言えます。

しかし、例えば台風の暴風などによってものが飛んできた場合はどうでしょうか。

実はシャッター自体はそこまで強固なものではありません。
そのため、シャッターだけでは防げず、窓まで突き抜けることもあります。

そうなると修理も倍以上…。

シャッターをつけるなら、シャッターだけでなくプラスアルファで工夫が必要そうです。

防犯ガラスvsシャッター

調べてみたら妻の想像よりもシャッターは万能ではなかったんですよね。

しかも、我が家の窓は大きめサイズのため、電動シャッターしか設置できませんでした。
そうなると、お値段も結構アップします。

そこで夫婦で色々と話し合いました。

  1. 電動シャッターは高い
  2. 防犯ガラスが有能そう
  3. 愛犬達が常に巡回している
  4. 防犯カメラを設置予定である
  5. 泥棒などであれば保険で賄える

ということで、結果、窓には防犯ガラスを採用しシャッターはなしにしました。

シャッターはなくてよかったかも

 住み初めて思いましたが、シャッターはなくてよかったかもしれません。

実際、夫がいう通り外観はシャッターが内容がすっきりしていると思います。
また、今の所シャッターがなかったからといった理由の不便さは感じていません。

もしかして、シャッターをつけていたとしても、面倒でシャッターを開け閉めしていなかったかもw

実は我が家の周辺のお宅では、シャッターなしが増えているように思います。

本当に色々と守りたいなら、シャッター+防犯ガラスがオススメだそうです。

参加

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

設計
スポンサーリンク
シェアする
お気に入りの家づくり

コメント